東京生まれ東京育ちのワタシが感じた京都のふわり。


by mna07_mna07

カテゴリ

全体
京都-お寺・史跡・名所
京都-さんぽ
京都-Book Cafe
京都-Cafe
京都-和Cafe
京都-BAR
京都-洋菓子
京都-和菓子
京都-うどん
京都-洋食
京都-和食
京都-中華
京都-イタリアン
京都-フレンチ
京都-パン
京都-お弁当
京都-道具
京都-京の台所
京都-衣
京都-文具
京都-本
京都-雑貨
京都-伝統芸能
京都-伝統文化
京都-建築
京都-仁丹のホーロー看板
京都-Museum・邸宅跡
京都-朝市・手づくり市
京都-雑記
京都-お取り寄せ
京都-東京で見つけた京都
ごあいさつ
未分類

Copyright© 京都ふわり。 All Rights Reserved since 2011



【お知らせ】
ブログ「ちいさなまいにち。」は終了しました。




京都
京都の口コミ情報

*素材 & フォント*


以前の記事

2014年 04月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
more...

人気ジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

旅行・お出かけ
近畿

カテゴリ:京都-道具( 4 )

茶漉し@辻和金網

d0237473_3433832.jpg

堺町を下っていると右手に「辻和金網」が見えてきました。
友人へお誕生日プレゼントをなにかと思い、久しぶりに立ち寄ることにしました。

戸を開けると、店主のお馴染みの顔と、息子さんと、職人さんがいました。
定位置がちゃんと決まっているんですね。

悩みに悩んで買い求めたものは、定番の茶漉し。
胴×ステンレスのものを選びました。
お茶が好きな友人なので、日々のお茶の時間に使ってくれたらうれしい。
友人へのプレゼント用と、母へお土産用に2つ買いました。
つぶれないように、そっと鞄に仕舞いこんで。
なんだか早くこれでお茶を入れたくなりました。

More
by mna07_mna07 | 2011-06-20 11:00 | 京都-道具

平安箸@市原兵平衛商店

d0237473_2158502.jpg

ちょっと立ち寄りたくなる、そんなお店。
5月に伺ったときに塗り箸をGIFT用に購入しました。
(お世話になった目上の方へのお礼に・・・)
自分用のお箸はまだ使えるし、特に欲しいものがあったわけではないのですが、
ついつい足が向いてしまうのです。

京都御所にも出入りしていた老舗店ですが、
店構えも華美でなくつつましく、質素な感じがとても好ましいお店。
8代目店主の市原さんが、ほど良い距離感を保っていろいろ教えてくださいます。

平安箸(白竹もりつけ箸) 23cm  1,260yen

お菜箸である平安箸はもりつけ箸と呼ばれ、
白い竹で出来ていて、先は細くてもしなやかでいて丈夫。
持ち手の部分は薄く削られていて、お味噌をすくうことも出来、
お弁当をつめるとき隙間が出来ないよう、ぐっと寄せるのにも適しています。
長さは3種類から選べます。
ご主人を信じて衝動買いしましたが、これは確かに使いやすいと実感です!


*市原兵平衛商店*
ADD 京都市下京区堺町通四条下ル
TEL  075-341-3831
営業時間 10:00〜18:30
定休日 日、祝
by mna07_mna07 | 2010-08-27 15:00 | 京都-道具

祇園切り通しで骨董屋さん巡り

d0237473_22345576.jpg

あまり時間もなかったけれど、最後の買い物をする前、少しだけ祇園を歩きました。
いつも行く骨董のお店を、いくつか覗いてぶらぶら。
骨董の和食器専門店や古美術商などが多くありますが、中には洋食器を扱うお店もあります。
欲しいものがあったので、何件か見て歩きました。
さっきまで「疲れた」と言っていた母も、急に嬉々としてスイッチが入ったかのよう。

必ず立ち寄る「てっさい堂」で目に留まったものがありました。
きれいな藍色の蕎麦猪口で、5客で約150,000yen。
お花を生けたり、デザートカップとして使ったら素敵、と思ったけれど、
高すぎて日常性からかけ離れているので、即座にあきらめました・・・。
日常生活で使いたいので、家に溶け込まないものはご縁がないものだと思っています。

More
by mna07_mna07 | 2010-05-15 15:00 | 京都-道具

桜の型ぬき@有次

d0237473_3232093.jpg

京の台所「錦市場」で最後のお買い物。

こちらの名店は、京都だけでなく、料理人や女性の間でも大人気ですね。
家庭用の包丁から、料理人専用の包丁、ハサミ類など様々なものを扱っています。
以前、もっと若い頃、背伸びして自分の包丁を買い求め、今でも大切に使っています。
そのときにお店の方から教わったこと、大事に守っています。

用事がなくても、ついつい立ち寄ってしまうお店。
そう広くない間口のお店は、いつも観光客でぎゅうぎゅう。
お店の奥では、包丁をとぐ音が。
切りづらくなった包丁を持っていくと、メンテナンスをしてくださいます。

More
by mna07_mna07 | 2009-12-20 07:00 | 京都-道具